糖質制限だけではだめですよ、美味しいビールもほどほどに

糖質制限ダイエットに励んでいるAさんは大のビール好きでおなかは太鼓腹もいいところです。だからダイエットに励んでいるのですが何がつらいと言ってビールを飲めないことが一番の悩みです。なぜビールがいけないのでしょうか?当然のことながらビールはカロリーが高く2缶でご飯の小盛り一杯分になります。Aさんはビール以外でも日本酒やウイスキーなども飲みます。

それはそれぞれ糖質の多いお酒です。これを制限しなくて何が糖質制限ダイエットかと言うぐらいです。その為にAさんは糖質ゼロのビールを選んだりしています。ところがやはり、糖質ゼロのビールを飲むぐらいなら飲まない方がマシと言います。最近はダイエットブームでもありビール以外でも糖分ゼロのコーヒーや、○○ゼロの○○の大流行です。

これって何か変?やはり飲食物と言うものは本来の成分があってこそのものであり、○○がゼロとかいうとちょっと引いてしまいますね。食べたり飲んだりするとやっぱり期待していた味には程遠いものがあります。ダイエットが期待できるために本来の成分やうまみを出すものがないとどうしてもおかしな味わいになってしまうのですね。

そこまでしてと思いますが、飲食する楽しみとダイエットしたい気持ちの相反する要素が複雑に絡まってしまいます。プリン体ゼロのビールはまだしもアルコールゼロのビールに至ってはいったいこれは何か?ビールのようでビ―ルではない、ビールのような味をした泡の出る炭酸飲料となります。

糖質制限ダイエットに挑むためにはやむを得ないかもしれませんが、変なものを飲むぐらいならきちんとダイエットしつつ、普通のビールを少し飲めばダイエットでイライラするときでも精神衛生上よいのではないでしょうか?もちろん美味しいビールはほどほどにですが。

Categories: archive