日本人の大好きな麺類は糖質のかたまりか、糖質制限しよう

私は昔から大の麺類好きで麺類であれば何でもおいしく食べます。うどんにそば、きしめんにそうめん、ホウトウに冷麦、ラーメン、温麺、乾麺、また焼きそばにスパゲッテイ等々。日本人に生まれてよかったと言えるぐらいのものです。お昼ご飯なんかうどん定食食べたりして、デンプンの摂りすぎですね。こんなものばかり食べていると若いときはともかく中年になってくると下腹がポッコリしてきて見事な中年太りです。

そこで糖質制限ダイエットをしようと思いましたが、麺類は糖質の代表選手です。いかにして麺類を止めずに糖質制限ダイエットを行うか思案のしどころです。ちょっとした工夫で麺類を食べながらダイエットするには例えば糸コンニャクでラーメンを作るとか、これはセコイかも(笑)まあどうしてもダイエットしようと思えばやはり麺類も抑えなければできません。

バランスの良い食事をしていると極端なダイエットをしなくてもカロリーを抑え体重をコントロールできるのです。今まで毎日食べていた麺類を一日おきから三日おきとかにしていけば無理なくダイエットが続けられます。また減量の目安として70キロから60キロに減量しようとするのなら、どうせ停滞期があるのだから1キロか2キロ減ったところで好きな麺類を食べる、また1キロ~2キロ減量で麺類。

のようなことをしていくと気持ち的にも余裕ができて追い詰められたようなダイエットではなくなります。目標体重や体脂肪をどのくらいまで下げたいか目標を立ててリバウンドのおきにくいダイエットをしたいものですね。

Categories: archive